日本リート投資法人

証券コード:3296

ENGLISH

Portfolio ポートフォリオ

A-45 虎ノ門桜ビル

所在地 東京都港区虎ノ門三丁目22番1号
アクセス 都営地下鉄三田線御成門駅徒歩約 5 分、東京メトロ日比谷線神谷町駅徒歩約 5 分
敷地面積 1,065.35㎡
延床面積 4,204.40㎡
構造/階数 鉄筋コンクリート造陸屋根6階建
建築時期 1983年7月
取得日 2015年7月2日

立地特性

「虎ノ門」ゾーンは、北は東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅、南は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅を擁し、南北に貫く「桜田通り」を中心に東西に広がるエリアです。対象不動産は「虎ノ門」ゾーンのなかでも南東部に位置することから、最寄駅は都営地下鉄三田線「御成門」駅、東京メトロ日比谷線「神谷町」駅となります。周辺には大型ビル(愛宕グリーンヒルズ MORI タワー)やホテル、大使館等が立地するほか、愛宕神社、青松寺、増上寺等の文化的施設や公園緑地(芝公園)があり、オフィス街として落ち着いた雰囲気を醸し出しています。なお、「(仮称)虎ノ門桜ビル」周辺エリアでは、近年最寄駅となる都営地下鉄三田線「御成門」駅周辺、東京メトロ日比谷線「神谷町」駅周辺でオフィスビルの開発が進んでおり、さらなる業務集積度の向上が期待されています。

本物件の特徴

「虎ノ門桜ビル」は都営地下鉄三田線「御成門」駅徒歩約 5 分、東京メトロ日比谷線「神谷町」駅徒歩約 5 分の場所に位置します。
「虎ノ門桜ビル」は、延床面積約 1,000 坪程度、基準階面積約 185 坪程度と中型ビルに属します。「虎ノ門」ゾーンに所在するオフィスビルの多くは延床面積1,000 坪未満の小型ビルで、対象不動産の規模はボリュームゾーンをやや上回るといえます。特に基準階面積については同規模(延床面積)のビルと比べても評価されやすいといえます。
築後 32 年程度のビルではありますが、新耐震基準を満たすビルで、そのスペック水準は標準的なものとなっています。また、平成 20 年に外装・内装・空調設備・トイレ等の大幅なリニューアルが実施されており、競争力は維持されているといえます。

MAP

このページの先頭へ