日本リート投資法人

証券コード:3296

ENGLISH

Portfolio ポートフォリオ

A-37 板橋本町ビル

所在地 東京都板橋区清水町36番1号
アクセス 都営地下鉄三田線板橋本町駅から徒歩約3分
敷地面積 1,645.77㎡ (注1)
延床面積 8,237.40㎡
構造/階数 鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造陸屋根8階建
建築時期 1993年1月
取得日 2015年2月12日
(注1)建築基準法第42条第2項に基づく私道負担部分(約34.15㎡)を含みます。
(注2)
(注3)
(注4)
(注5)
(注6)
(注7)

立地特性

当該ゾーンは隣接する「池袋」エリアのサブマーケットとして、その滲みだし需要に依存するマーケットとなっています。
当該ゾーンの需要層としては、営業車など車を利用する企業やメーカー関連企業等が想定されます。
都営地下鉄三田線「板橋本町」駅周辺については、都営三田線、東武東上線、JR埼京線などが通行していますが、いずれも通勤路線としての性質が強く、テナントニーズについても、周辺住宅地向けの営業拠点等を構える業種やクリニック、教育・学習関連の事業者等が主となります。なお、板橋区では紙・印刷関連の事業所、関連する中小の事業者が一定数集積しているため、こうした需要も想定されます。

本物件の特徴

「板橋本町ビル」は、都営地下鉄三田線「板橋本町」駅徒歩約3分の「中山道」沿いに位置しています。最寄駅まで徒歩約3分の立地で駅近接性、アクセス性の面で高い訴求力を有します。また、大通りに面したビルで視認性も高いといえます。基本的には住宅立地としての環境に優れることから、一般的なテナントの需要が限定されると考えられます。
「板橋本町ビル」は、延床面積約2,700坪、基準階面積約260坪と中型ビルに属します。フロア形状については、コの字型(整形)・無柱となっており、レイアウトの汎用性・利用効率は高いといえます。「大塚」ゾーンに所在するオフィスビルの多くは延床面積1,000坪未満の小型ビルで、「板橋本町ビル」の規模は当該エリアの中では上位の規模を有しており、規模優位性は発揮可能と考えられます。なお、築年に関しても当該エリアの中では新しく、競争優位性も高いものと考えられます。
設備水準は標準的なもので、テナントニーズに対応するスペックを備えています。
駐車場の台数は51台(機械式+平面式)と十分な台数が確保されています。この点に関しては、車利用を重視するテナントを中心に評価されやすいと考えられます。

MAP

このページの先頭へ