日本リート投資法人

証券コード:3296

ENGLISH

Portfolio ポートフォリオ

A-34 目白NTビル

所在地 東京都豊島区目白二丁目1番1号
アクセス 東京メトロ副都心線雑司が谷駅から徒歩約2分
敷地面積 1,197.40㎡ (注1)
延床面積 6,315.72㎡
構造/階数 鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根地下1階付7階建
建築時期 1990年7月
取得日 2015年2月12日
(注1)建築基準法第42条第2項に基づく私道負担部分(約1.72㎡)を含みます。
(注2)
(注3)
(注4)
(注5)
(注6)
(注7)

立地特性

「目白NTビル」が所在するエリアは「池袋東口」ゾーンの南に位置するエリアで、東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅、JR山手線「目白」駅が最寄駅となります。東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅は平成20年に開業した比較的新しい駅で、平成25年にはこの東京メトロ副都心線と東京急行電鉄東横線が相互直通運転を開始したことにより、近年交通利便性が飛躍的に向上した路線となります。エリア内には「雑司が谷」駅を中心に広大な敷地を有する学習院大学や閑静な住宅街が広がっており、都心直結の利便性と落ち着いた環境を併せ持ちます。

本物件の特徴

「目白NTビル」は東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅徒歩約2分の「明治通り」と「目白通り」が交差する付近に位置します。JR「目白」駅から距離が遠く、オフィスビルの集積度は低いものの、「雑司が谷」駅からの距離は近く、立地イメージを重視するテナントや車の利用を重視するテナントに対しては、一定の訴求力を有しているものと考えられます。
「目白NTビル」は、延床面積約2,000坪、基準階面積約230坪と中型ビルに属します。「池袋東口」ゾーンに所在するオフィスビルの多くは延床面積1,000坪未満の小型ビルで、対象不動産は当該ゾーンのボリュームゾーン(分布帯)を上回っています。また基準階面積についても、延床面積同様にボリュームゾーン(分布帯)より優位性を有した規模であることから、「目白NTビル」の規模はエリア内では評価され易いといえます。
設備水準は標準的なもので、テナントニーズに対応するスペックを備えています。
駐車場の台数は32台(機械式+平面式)で、一定の台数が確保されています。

MAP

このページの先頭へ