日本リート投資法人

証券コード:3296

ENGLISH

Portfolio ポートフォリオ

A-30 FORECAST品川

所在地 東京都品川区北品川一丁目20番9号
アクセス JR品川駅から徒歩約10分、京浜急行電鉄本線北品川駅から徒歩約5分
敷地面積 705.37㎡
延床面積 3,400.87㎡
構造/階数 鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根8階建
建築時期 1989年2月
取得日 2015年2月12日

立地特性

「品川駅東口」ゾーンは、東海道新幹線をはじめ、JR・私鉄各線あわせて多数の路線が乗り入れる「品川」駅を基点に東のベイサイドまで広がるエリアです。
旧来、工場や倉庫などが集積しているエリアでしたが、交通インフラの拡充、大規模再開発による大型ビルの供給等により、現状においては、企業集積、交通利便性の高さを背景に、メーカー系企業をはじめ、多種多様なテナントに訴求されるエリアとして、東京23区の中でも上位のエリアポテンシャルを有するゾーンとなっています。
また、今後も駅周辺の再開発やリニア始発構想(平成39年の開業へ向けて建設が予定されている)など、その高いポテンシャルが注目を集めています。

本物件の特徴

「FORECAST品川」はJR「品川」駅徒歩約10分、京浜急行電鉄本線「北品川」駅徒歩約5分の場所に位置します。交通利便性の高いJR「品川」駅徒歩圏の立地で、周辺は背後に運河が流れる落ち着いた雰囲気の環境を呈しています。なお、上場企業等が集積する「品川グランドコモンズ」に程近い場所に位置することから、交通利便性を求める企業に加え、関連会社等の需要も見込まれます。
フロア形状については整形・無柱で、レイアウトの汎用性・利用効率は高いといえます。
設備水準は標準的なものとなっていますが、その他の設備としてEV3基(縦動線の利便性に優れる)、フロアによってはシャワールームなどが設置されています。これらの設備は一般的な同規模クラスのビルでは見られない設備で、テナント誘致においてプラスに寄与するものと考えられます。

MAP

このページの先頭へ