日本リート投資法人

証券コード:3296

ENGLISH

ESGグリーンファイナンスについて

  1. トップページ
  2. ESG
  3. グリーンファイナンスについて

グリーンファイナンスについて

本投資法人は、「環境・社会・ガバナンス(ESG)」へ配慮した資産運用を行っており、その取り組みの一環として、グリーンファイナンス(グリーンボンド、グリーンローン等)の実施を通じて、持続可能な環境・社会の実現を目指します。

フレームワーク

資金使途

グリーンファイナンスで調達された資金は、以下に記載する「グリーン適格クライテリアA」または「グリーン適格クライテリアB」を満たすグリーン適格プロジェクトに関連する新規投資及び既存投資のリファイナンスへ充当します。なお、「グリーン適格クライテリアB」に関して、既存投資の場合は、グリーンファイナンスによる資金調達から3年以内に実施した支出に限ります。

適格クライテリア

■グリーン適格クライテリアA

以下の認証又は再認証のいずれかを取得済あるいは取得予定の資産

  • ① DBJ Green Building 認証(注1)における3 つ星・4 つ星・5 つ星
  • ② BELS 認証(注2)における3 つ星・4 つ星・5 つ星
  • ③ CASBEE 不動産評価認証(注3)におけるB+ランク・A ランク・S ランク

■グリーン適格クライテリアB

以下の環境改善効果のうち、いずれかの獲得が期待できる改修工事

  • ① 30%を超えるCO2排出量の削減
  • ② 30%を超えるエネルギー消費量の削減
  • ③ 30%を超える水使用量の削減
  • ④ DBJ Green Building 認証、BELS 認証、CASBEE不動産評価認証の1ランク以上の向上
(注1) 「DBJ Green Building認証」とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(Green Building)を支援するため、2011年4月に株式会社日本政策投資銀行が創設した認証制度です。対象物件の環境性能に加えて、防災やコミュニティへの配慮等を含む様々なステークホルダーへの対応を含めた総合的な評価に基づき、社会・経済に求められる不動産を日本政策投資銀行が評価・認証するものです。
(注2) 「BELS認証」とは、「非住宅建築物に係る省エネルギー性能のための評価ガイドライン(2013)」に基づき、第三者機関が非住宅建築物の省エネルギー性能の評価及び表示を行う制度です。
(注3) 「CASBEE不動産評価認証」とは、建築物の環境性能で評価し格付けする手法で、省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価するシステムです。

プロジェクトの評価・選定のプロセス

資金使途となりうる基準を満たすグリーンプロジェクト(以下、「適格グリーンプロジェクト」といいます。)の選定に際しては、資産運用会社の代表取締役社長、投資運用本部長、財務企画本部長などで構成されるサステナビリティ推進会議を開催し、適格グリーンプロジェクトの評価、資金使途と適格クライテリアとの適合性を検討し決定します。

調達資金の管理

本投資法人は直近決算期末時点における適格クライテリアAの帳簿価額の総額に、直近決算期末時点におけるLTV(注1)を乗じて算出された負債額及び適格クライテリアBを満たす改修工事資金の総額の合計額を、本フレームワークに基づくグリーンファイナンスによる調達上限とします。

2021年6月30日現在

グリーン適格資産総額(注2) 47,263百万円
LTV(注1) 48.0%
改修工事費用 -
グリーン適格負債額(注2) 22,686百万円
調達資金 -
(注1) LTV (Loan to value) は以下の⽅法により算定しています。
LTV=有利⼦負債総額÷総資産額
(注2) 百万円未満を切捨てて記載しています。

レポーティング

本投資法人のグリーンファイナンスに関する資金充当状況は以下の通りです。

2021年8月31日現在

グリーンボンド発行残高 2,000百万円
グリーンボンド未充当金 -
名称 発行額
(百万円)
利率 発行年月日 償還期限 摘要 資金使途
日本リート投資法人
第5回無担保投資法人債
(特定投資法人債間限定同順位特約付)
(グリーンボンド)
2,000 0.670% 2021年8月6日 2031年8月6日 無担保
無保証
下記3物件の取得資金として調達した借入金の返済資金の一部に充当
・ピジョンビル
・藤和東五反田ビル
・FORCAST高田馬場

外部期間の評価

本投資法人はグリーンファイナンス・フレームワークに対する第三者評価として株式会社日本格付研究所(以下「JCR」といいます。)より「JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価」の最上位評価である「Green1(F)」を取得しています。「JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価」の内容等については、以下のJCRのホームページをご参照ください。

JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価:https://www.jcr.co.jp/greenfinance/

このページの先頭へ